「一神教と多神教とネットワークビジネス」

ひとは、ひとりであるように見えて多数の人格をもっており、ひとりの中に大きくふたつの信仰を抱えています。

脳が意識を支配する信仰、それを一神教と言います。
身体が自分をコントロールするための信仰、それを多神教と言います。

おわかりでしょうか。
自分というひとりきりの中に、大きなふたつの信仰がある。
外側にあるのではなく、自分の中にあるのです。
人体の構造、仕組みから、一神教か多神教かどちらか片方を選ぶことは不可能です。

そこにプラスして、肉体と魂が決別し、争いに飲み込まれた闇の人格が持っている「無神論」が加わります。(「神は私を助けてくれなかった」というツラい現実を生き、魂と肉体が傷ついた状態)
無神論は、信仰が何もない状態です。

無神論が信じるものは、性快楽と暗黒物質への希望です。巷(ちまた)のアセンション情報でよく書かれている「闇の勢力」なるものは、自分自身の暗黒面です。
それも星の物語、天体の記憶に結びついています。暗黒面については今回は省きます。話すと楽しくて長くなりますから😃👍

新興宗教の多くは、多神教を語る一神教です。色んな神話を持ち出し、教祖自身がそれら神話存在の生まれ変わりである!と教祖を奉らせる手法です。
これは教祖本人と信者を増やした幹部にたくさんお布施が入ります。信者さんにお金は入りません。

似たような構図で行われている商法が、ネットワークビジネスです。

この商品は素晴らしい!と商品開発者ごと商品を奉らせる手法です。その商品を沢山売った人から順番に幹部になっていきます。

沢山売れていくと、売り先も固定されていくため、あとからビジネスをする人は買い手としての役割が大きいでしょう。

商品は良いので継続してお付き合いで購入することが主になる方も多いかもしれません。

良い商品だからと在庫を持った途端、自分には営業力もなく、販売方法もわからず、お金の管理もできないのに友達に売ろうと無理して人間関係を壊す人もいます。

在庫が処分できず、お金に困って行き先を失っても助けてもらえないという、深刻な事態に陥ることもあるでしょう。

脳と身体の両方をバランスよく整え、自分の内なる一神教と多神教を上手に扱えるようになること。
自分の内なる一神教(脳)と多神教(身体)、両方を尊重し共存させること。
これは見える世界から戦争をなくす大事な人間的要素だと考えます。
そして同時に、ネットワークビジネスの被害を受けない準備として、とても必要なことだと考えています。

何かあるとネットワークビジネスが近づいてくるひとは、自分の状態がまだ不完全だと考えて良いと思います。

魂が肉体にきちんと収まると、ネットワークビジネスではなく、自分の使命をまっとうする仕事で人生を輝かせる道を選べるようになります。

手放しても大切なものは戻ってくる。

「手放しても大切なものは戻ってくる」

手放している間
大切なものが離れている間に
自分が何をしていたのか
どう成長したのか
何を学んだのか
大切なものに対して新しい見方ができるようになったのか
大切なものを大切にできる自分になったのか

手放しても大切なら戻ってくる。
その法則を信じられる現実を体験中。
しかも手放す前よりもずっと素晴らしい、
ギフトのような体験をさせてもらっています。

手放して忘れること。
欲しくてたまらない願いほど 手放して忘れ、
新たに熱中できる何かを見つけることで
手に入る可能性が高まる。
結婚したいのなら結婚の理想だけはメモし
結婚のことは手放し忘れること。
脳の世界と身体の世界は
鏡の法則で成り立っている。

大切なものが戻ってきた後も
手放す恐怖や不安から解放されていて
自由に、今までよりも広く軽やかな視点で
触れ合うことができます。
結果、引き寄せる力は強くなり
手放す前よりずっと幸せなひとへと成長していきます。

JOURNEY BOARDとは

172ページを見ながら学んでいきましょう。

「回転の方向により、時間の進路は逆転する」

▷イメージの中で回転する方向が同じ

自分の進路は、導きと同じ方へ進んでいます。

▷イメージの中で回転する方向が違う

健康上に導きに寄り添えない
重大な導き障害があります。

⬇️

回転の方向が【目を開いている時】と【閉じている時】で違う場合、175ページのKIN早見表の自分の数字からエネルギーをもらいましょう。
(例:1977年5月生まれであれば、ここで言う自分の数字は197となります)

[エネルギーをもらう方法]

1.表の数字を人差し指でおさえ、指先から白い一筋の輝きが自分の心臓へ送り込まれるイメージをする。

2.栄養不足の解消をしたら、もう一度確かめましょう。風車の回転は同じ方向ですか?


左回転・・・導きは今から未来へ進路をとっている

右回転・・・導きは古代から近過去へ進路をとっている


自分の学びの方向をしっかりチェック!
あなたはいま、未来へむかっているのか
過去に向かっているのか

そこをしっかり押さえた上で、次回のお話を待ちましょう。

インラケッチ!

ウェイブスペルの仕組み

13の音は、脳と性エネルギーとの結びつきによって、発動の度合いを強めたり弱めたりします。
私たちの磁力というものは、常にS極 N極で反転運動しながら導かれています。

この磁場の動きのコントロールを果たしているのが、性的欲望なのです。性的欲望が導きの源なのです。

導きというのは、普段の生活で道を歩いている時に、車のナンバープレートがゾロ目になった時などが良い例えです。

あなたの日常に「YES」や「NO」を見出すことができる偶然のともしび。

性的欲望の欠如した状態では、この導きを探し出すことがとても困難になります。

あなたが星からの携導を受けるために、この点を不明瞭にしてはいけません。

ウェイブスペルのお話し

昔々、星がまだ人の心の中の世界とリンクし続けていた頃。

マヤ族と呼ばれる南端の丘に住む部族たちのあいだで、暦の予言を生み出す方法によって【記憶を失ってしまう生まれつきの障害】を治癒しようという試みがなされました。

私たちが生まれてくる時にすべての記憶を失ってしまうことは、その時代には大変重い病だったのです。

「もし時間の暦を歴史の指標として子孫へ残したなら、我々の記憶の欠如は【思い出】として残していくことができるだろう」

当時のマヤ国王家の人々は、自分たちの未来へ向け、暦の発見を一大事業として研究し始めることを固く誓い合いました。

(星のメッセージ:マヤ王 パカルの物語より)

今日は4ページを眺めてみてください。

ウェイブスペルとは、内臓の働きに基づいた時間の計測方法です。(例えばお昼になったらお腹が空くなど)

時間とは、

1.全体を映し出すもの
2.永遠の状態を把握するもの

この二種類が存在します。

時間という不透明なものについて、
あなたは時計の価値のみ存じているかもしれません。

しかし時間とは、限りある生命の「成長観測」を元に生み出された、あなたの肉体と魂の法則を知るための、智慧の土台なのです。

(つづく)

手帳から自分の誕生日を探す

自分の太陽の紋章は5ページから探せます。
キン40なら【黄色い太陽】となります。
左端の絵は、紋章の番号が持つ意味を含んだ絵です。
古代の色々な算出から導き出された数学の結晶が、色と形に隠れています。

キンナンバーの出し方には定説や改善説など色々あり、春分の日を起点にした番号など、ズレが生じる場合があります。

今回お伝えしている13の月の暦では、
2/29生まれの方は、
午前中に産まれた方は2/28、
午後に産まれた方は3/1のキンになる
とされています。

出生時刻がわからない方は、
全て2/28で算出してください。
(その方がより自分と近い関係のエネルギーだとのこと)

出し方がわからない場合は、お気軽にご質問してください。

お問い合わせはこちら

手帳の使い方 ~最初の28日編~

まずは目を慣らすことからはじめましょう!

🔻画像は別の月のものです。
みなさんは12ページの左端【磁気の月】を見て、そこの縦のラインに予定を入れてみてください。

そして、1日~28日までの、赤・白・青・黄、
7日ごとの予定を確かめてみてくださいね❀

まずは目を慣らすことからはじめましょう!